つんちゃんのロープレ話

管理人つかさ、こと「つんちゃん」の独断と偏見とちょっとの意見を参考にした、 RPGについての話。 今現在のものからむかーしのものまで、いろいろある…かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

運命の出会い

そこまで言うほどのもんかっていうようなものではあるのだけれど。
こいつを語るには、どれほど遠回りな話になるかっていうのは覚悟がいるかも。
ちなみに今回のお話は、「ファイナルファンタジーⅣ」
つかさ的オススメレベル  8

先にストーリーの話をすると、暗黒騎士のセシルが友人の竜騎士カインを一緒に召喚士の村を襲いに行き、そこでリディアに出会って、ローザを合流して、テラが出てきて、なんやかんやとあったあと、パラディンになって、ゴルベーザ四天王とかと戦って(パラディンになった時点でもう一人目とは戦っている)、飛空艇手に入れて、地下に言ったり、すごく高い塔登ったり落ちたり。しまいにゃ月まで言って、ラスボスはビッグバンとか使うなんか丸いヤツ(プッ

って、はしょりながら話すとこんな。はしょりすぎだけど(汗)

ちなみにイージータイプも発売されますた。これはやたらめったら簡単で、つまらん。武器の名前も違うし、ラスボスのグラフィックが違うという、とんでもないことになってる。
アラーム使わなくても、ラスダンでプリンプリンセスとエンカウントできて、ピンクのシッポが手に入るという・・・。おかげでアダマンアーマーが簡単に手に入る。

で、こいつのゲーム性とか、ストーリーとか。う~~ん。
話は結構長い(でもイージータイプならクリアに15時間)し、壮大なんだけど・・・。あんまり奥深さがない。サブイベントが少ないという、このころのRPGなんてそんなもんだけど、それにしてももう少し主人公たちの性格の裏の背景とか、生い立ちについてとか。セシルとローザのイチャイチャとか、もっといろいろ見せてほしかった、というのが残念なところ。だからって面白くないなんてことはないけど。
システム面で言えば、正統派純RPG・・・。かねぇ・・・。強くなりすぎたりする、これからあとのFFと違って、それぞれが個性的なスキルを持っているところも、なかなか面白い。GBAだとクリア後の楽しみとして、今まで入ったキャラがまた使えるようになるみたいだけど・・・。いるか?
ちなみにキャラによっては同じ魔法が使えたりするんだけど、使用MPが全然違ったりね。
ローザのケアルラと、セシル、テラのケアルラでは威力もMPも全く比べ物にならない、と。

古きよき時代のRPG、とは言わないけど、スーファミでのRPGの先駆的なソフトになったのは間違いないと思う。

さて、前置きはこんなもんで。
で、こいつをつかさに仕込んだというか・・・まぁ毎週毎週、こいつを求めて田舎からゲームソフト屋がいっぱいある町のほうまでバスで行き、町中の店を歩き回って、方々探して結局手に入れられない、なんてことを延々繰り返していた・・・某M・H氏。
つかさの心の友・・・。・・・・・・・・・・・・・え~~~っ・・・なんかやだ~。
悪友?
・・・・・・・・・・・・・・・なんて表現したらいいかわかりません。
とりあえず、去年の今くらいに5年振りに連絡しました。
某N氏は「時代が動いた」とやたら興奮していました。
久々に話したそいつはやっぱりバカでどうしようもなくて、人生がおかしくなってて、とりあえず救いようがないような気がしてなりませんでした。
ちなみに再び1年くらい連絡してません。用事なんてあるわけもなく。相変わらずへったくっそな字で手紙を寄越したときには不幸の手紙かと思うほどでした。
で、こいつがつかさにこのFF4を仕込んだ張本人です。多分まだ生きてます。歯の矯正で100万かかったとかバカなことを言っても、中身はもっとバカなので、そんなことでは驚けません。

つかさの周りにはこんな愛すべき下等動物が豊富に生息しています。
そして今もたくさんのRPGをやり続け、その彼らとの繋がりを持つつかさはとても幸せです。








いや、まぁ微妙だろうけど(プッ
スポンサーサイト
  1. 2006/07/23(日) 23:45:20|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

つんちゃん

Author:つんちゃん
つかさ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。