つんちゃんのロープレ話

管理人つかさ、こと「つんちゃん」の独断と偏見とちょっとの意見を参考にした、 RPGについての話。 今現在のものからむかーしのものまで、いろいろある…かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

順を追っていきましょう。

またかよとか思われるかもしれないけど、今回はドラゴンクエスト(以下DQ)。
その中でもつかさ的に評価の高いものとか低いものとかあるわけだけど、順を追って。
今回は「2」です。ドラゴンクエスト2  つかさ的オススメレベル7

実際ゲームの内容とか、ストーリーとか考えたら5とかそんなもんなんだけど、つかさがオススメレベル7までつけるのは…FC版です。

忌まわしい・・・。とにかく、忌々しい・・・。

脳裏に焼きついて離れない。そう、アノ曲は「LoveSong探して」だ。
DQでは2までとなってしまった、復活の呪文である。
これがアトラスの痛恨とか、ハーゴンのイオナズンとかよりも、よりリアルに、そして精神的にプレイヤーに致命的なダメージを与えかねないシロモノである。

前回のプレイ時に何時間もかけてレベルを上げ、紋章を集め、邪神の像を取ったデータ。

「ふっかつのじゅもんがちがいます」

        orz

そして何度も自分の汚い字で書いた復活の呪文を読み返す。

あってるじゃん…。

そう確信したときの深い絶望。
前回の冒険の思い出が蘇る。
そして深いため息のあと、前回と同じ復活の呪文を入力しなおす。

「よくぞ戻った○○○○よ!」

うっせぇダマレ。…ぐす。

一応ここでDQ2のお話。
前回の冒険のあと、勇者ロトの血を引く若者がローラ姫を連れて旅立って、自分で国を作って、生まれた子供にローレシア、サマルトリア、ムーンブルクとつけて、それぞれの国を治めさせていた。100年後、大神官ハーゴンによってムーンブルクが滅ぼされ、ローレシアの王子が旅立つことになる。途中サマルトリアの王子(なぜかつかさがやるとだいたい「すけさん」になるw)と犬にされてしまったムーンブルクの王女を助けて、仲間に入れて。紋章集めて、ロンダルキアへの洞窟を抜けて、ハーゴンの城へ。
アトラス、バズズ、ベリアルを撃破し、ハーゴンを倒すが邪神シドーが復活。これを倒してエンディング、と。

ロンダルキアへの洞窟もそういやかなりヘビィだったな…。FF3とかのラストダンジョンには遥かに及ばないにしろ。

今回DQ初のパーティによる戦闘は戦略、戦術の幅がぐっと広がり、より戦闘が楽しめるようになったのは事実。SFC版とかやってもまだまだ全然面白いゲームであることは間違いない。

ただ、一度でいいからあの
「ふっかつのじゅもんがちがいます」
のメッセージのあとに涙して、一回り大きな人間になってもらいたいものだ(プッ
スポンサーサイト
  1. 2006/02/26(日) 23:33:13|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アクション要素も良い。

そういや、嫁と二人でハマったヤツがあったけな。
全部はやってないけど。

テイルズオブファンタジア。つかさ的オススメレベル6。

こと最近のゲームっていうのは「隠しボス」ってのがいて当たり前っていう状態。
このゲームの隠しボスは魔王プルート。
で、これを倒すと召喚して使えるという。

ラスボスは魔王とかそういうものじゃないから、まぁ魔王だろうが神だろうが、実際どうでも良い。

強さ…?
う~~~~ん……確かに強かったけど、凶悪でどうやったら勝てるかなんて、そういうものじゃないんだよね。
というのも、主人公のクレスが強すぎなんだよね。
ほっとんどスキなんてできやしねぇ(笑)

ここでゲームのお話。
両親を殺された主人公のクレスが敵を討つ旅に出て、ミントと知り合い、ダオスとの戦いによって過去に飛ばされ、そこでダオスを倒す術を見つけ、再び現代に戻ってダオスを倒す。
しかしダオスは未来に逃げ、クレス達も後を追い、ダオスを倒す、というお話。

でも、テイルズは本編のゲームもだけど、ミニゲームとか、称号集めとかが結構楽しい。
まぁ、そういうところを楽しんでいただければな、という。
  1. 2006/02/11(土) 22:09:30|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある意味つかさを支えてきたもの。

ある意味つかさの大元になりうるゲーム・・・というかアニメもだけど。

ブレイブサーガ。つかさ的オススメレベルMAX!!

どうぞ勇者シリーズが好きな人は引きこもるなり、ニートなり、ホームレスなりしてくれ。
ちなみにつかさはこれで、追試が10個超えを余儀なくされた伝説の一品だ。

基本はシミュレーションだから厳密にはRPGじゃないんだよね(汗)
でも必殺技とかも全部再現されてて…。特に2はガッツを溜めないと必殺技が出ない。
必殺技にもクリティカルがあって、クリティカルになるとカットインが入るという…ファンにはたまらないわけですな。

ここでゲームの話。
主人公芹沢瞬平のおもちゃ「VARS」に勇者バーンガーンが宿り、ほかのさまざまな勇者を仲間に加え、同じく勇者スペリオンをも加えて強敵グランダークを倒す…。
で、実はラスボスは別で。そのラスボスにあえて負けるとハイパーバーンガーンになって(金色)、ある程度余裕で勝てると…。その代わりタイマンだけど。

これが!!!本当の勇気の力だ!!!!!!!!!!!!

あ、これを違うか。

君の心に勇気はあるかっ!!?
ってセリフがありそうで実はない、そんなブレイブサーガ。やりたい人少ない…てかこのゲーム探すのも面倒かも(笑)

ブレイブチャーーーーーーーージッッ!!!!!!!!!!!!
  1. 2006/02/07(火) 23:43:38|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実は・・・

実は…つかさが一番最初にプレイした、ファイナルファンタジーは3です。
確か…幼馴染のある男に借りてやったと…。

ファイナルファンタジーⅢ。つかさ的オススメレベル9。

にしても斬新だった…。それまでやったことのあるゲームの中で転職なるものがあったのはDQ3だけだったし、それとは比べ物にならないくらい職が多い!!

王道走るなら、戦士モンク白黒→ナイト格闘家導師魔人→忍者忍者賢者賢者…まぁ途中で竜騎士入れたり、魔剣士入れたり、召喚士入れたり…。
でも、結局最後に行き着くところは、
たまねぎ剣士×4
さね。

オニオン装備してガスガス殴る。

裏技使って最初からオニオン装備を全員分作って。ついでに裏技使ってレベルがすぐにあがるようにして…。
一番上のたまねぎ剣士のレベルが99になったとき、もうラスボスまでは敵がいねぇ(笑)

ここで再びファイナルファンタジー(以後FF)3の話。
イタズラだかでクリスタルのある洞窟に入ったら、地震で洞窟の底が抜けて更に地下へ。そこでクリスタルに選ばれて力を…(ようするにジョブ)で、4つのクリスタルの力を手に入れながら世界を救う方法だかを探して、闇の暴走が関係してるらしいことを突き止めて。
ドーガとウネの協力もあって魔王ザンデを倒す。
そしたら暗闇の雲とかいうのが現れて、やられて闇の世界に向かって闇のクリスタルの力も手に入れて、ついに暗闇の雲を倒す、と。

DQに比べてあらすじが長いなオイ。

この途中でいろいろとあったりするわけで。
バハムートとかリバイアサンを倒して召喚獣をげとするなどという…。うん、ホントに衝撃だた。
別にストーリーなんて今の作品に比べたら大したことないし、グラフィックも、ね。もちろん当時にしたらすごかったんだけど。
それでもシステムは今の下手なRPGよりもシンプルなだけにぐっとくるものがあったね…。
にしても…ダブルヘッドドラゴンの36ヒット。ありゃ反則だ…。
レベル99のたまねぎ剣士が即死…。
アーリマンのメテオとか、デスとか…。
暗闇の雲の方が楽だったっけ(笑)
ゼヒ一度はやってもらいたい作品ですな。
  1. 2006/02/05(日) 23:59:02|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めてのRPG

つかさが一番最初にプレイしたRPG。
これを語らずにこのブログは始められまい。

ドラゴンクエスト。つかさ的オススメレベル5。

これがつかさが一番最初にプレイしたRPG。
確か…。小学校1年のときだったと。
当時のつかさには衝撃的なゲームだった。
そのときと言えばシューティングやらアクションやらが主体のゲーム業界だったときに、RPGをファミコンで出すという一種無謀とも言える挑戦に業界ではいろいろあったっぽいけど、まぁ当時のつかさに知る由はなく。
とにかくこれが始まりなんだなぁ…と。いつもドラゴンクエストの名前を見るたびに思う。
なんか図工の時間にそれこそドラゴンクエストを題材になんか作った記憶がある。
確か紙の皿になんかいろいろ別の紙で作った絵みたいのを貼ってくという…今思えばどこにも芸術的要素がないと思うんだが…(笑)

ここでドラゴンクエスト…もう打つのがめんどくなってきたから以後DQで(汗)について。

勇者ロトの血を引く勇者がアレフガルドに現れた竜王を倒すべく王様の下に馳せ、お姫様を助けて、ロトの剣、鎧を手に入れて、最後に竜王を倒すという。

ようするに、王道、だね。

雨雲の杖がどこにあるか分からなかったり、ロトのしるしが見つからなかったり、妖精の笛を持たずにゴーレムに挑んでみたり…。
しまいにゃ、竹ざおで竜王に挑んでみたり、ローラ姫を助けた足で竜王倒してみたり。

いろいろやったなぁ…(笑)

今にしてみればこんなのやりこみのうちにも入らないけどさ(笑)

このDQから始まったつかさのRPG好きはDQが3作目に入るころ、爆発的に加速してしまってるわけでつな。
なんだかんだで、SFC版、GB版と出たけど、両方やってるし。やっぱ最初の最初だからか、思い入れは強いね。
  1. 2006/02/04(土) 00:16:48|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

今日から突然開設ー。

今日突然開設に至りましたー。
いや、ちょっと前から考えてはいたんだけどね。
これからいろんなRPGの話でもしようかなって。

もうゲームに出会ってから20年かぁと、感慨深くなる26歳の一夜ですた。
  1. 2006/02/02(木) 22:32:05|
  2. ご挨拶。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:66

プロフィール

つんちゃん

Author:つんちゃん
つかさ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。